R-ASAP!

趣味も仕事も全部バイク。|YSP福山スタッフ♀のブログ|

  1. TOP
  2. バイク[用品]
  3. マグネットじゃないタンクバッグ☆

マグネットじゃないタンクバッグ☆

先日、デグナーさんが・・・

ライディングフェスタご案内
▲今年のライディングフェスタのご案内と

デグナー タンクバッグ
ベルト式タンクバッグ
サンプルを持って来てくれました(*・ω・)ノ

たとえばYAMAHAの場合。

YZF-R25/R3や(タンクが樹脂カバー)
XSR900(タンクがアルミ)には
マグネットが効きません。

そのため、タンクバッグの装着は
吸盤で取付するか、給油口に金具を付けるか...
ベルト固定。バグスターみたいなタンクカバーもありますネ。

さらに、最近流行のマットカラーは
吸盤も張り付きにくい(-_-;)

給油口へ金具と、バグスターは
どうしても構造上「気軽に脱着」しにくいのです(^-^;
↑その代わり、バグスターは傷つき防止になりますd(゚ー゚*)ネッ!

今回サンプルを見せていただいた
デグナーさんのタンクバッグは
前側は、ステムのあたりからベルト固定。

後ろ側は・・・

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲この後ろ側のベルトを

NB-141
▲フレーム等へ固定。

長いベルトが付属するので、
余りすぎた部分はカット→ライターで炙る
ほつれ止めして処理してもいいらしいですョ(^-^)

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲取り付けたベースは、
給油口を逃すようになってるので、

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲バックルでバッグを外せば
給油もできますd(゚ー゚*)ネッ!

※ただし、車種(給油口サイズ)によっては
少し干渉するかもしれません。
↑新型MT-09の場合は数mm干渉だったけど
大きく問題はなさそうでした。

そして、肝心の取り付けイメージは・・・

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲こんな感じでした。

専用品というわけじゃないので、
後ろ側の形状に違和感はありますが、、、
固定はしっかりできてるので問題なし。

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲その取り付けベースも

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲(車体に触れる)
ネオプレーン部分が脱着できるので、
傷つき防止のメンテナンスもできそうですね☆
↑ココのメンテができないと、砂を噛んだりして
タンクに小傷が入るのよ(>_< )イヤッ( >_<)イヤッ

バッグの容量は・・・

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲大きめです!

荷物少なめの方なら、(男性とかσ(・・*)アタシとか...)
1泊2日程度の荷物ならいけそうですョ:(;゙゚'ω゚'):

ただし、容量が有る=サイズが大きくなる。
↑ということで

 

σ(・・*)アタシ(155cm)+MT-09だと

デグナー ベルト式タンクバッグ
▲胸くらいまでの圧迫感です。

でも。

この脱着の簡単さはいいですよ(^-^)

 

 

スマホでナビが主流だけど、
やっぱりツーリングマップルが見れる
タンクバッグが好きです。。。ρ(-ω- )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA