R-ASAP!

趣味も仕事も全部バイク。|YSP福山スタッフ♀のブログ|

  1. TOP
  2. バイク[その他]
  3. たぶん、一生触れ合うことのないと思ってた...

たぶん、一生触れ合うことのないと思ってた...

突然ですが、スポーツバイク好きです@私
しかも、SSに分類される大排気量が好み。

平均身長に少々届かないサイズなので、
足つき的には大変だけど...
『両足なんて届かなくても、
半ケツ落とせば意外に乗れる。』
↑と、個人的には思うことにしました。
好になったから仕方ない。ウンウン

ただ、その乗るためにはもうひとつ条件があって
それが>>>車重が軽いコト。

個人的には、足つきより
この重さが重要で、私のボーダーラインは
220kgかな?と思ってます。

そんな私のボーダーをはるかに超える
(輸入車)大型アメリカンさんと
触れ合うチャンスをいただいたのです!

きっかけは・・・「下取り」

ヤマハ車にお乗り換えということで
下取りさせていただきました。

ヤマハのバイク屋さんなので、
スタッフみんな、
触れ合うチャンスが少ないバイクに

「重い!!」
「スタンドの掛け心地が違う!」と興味津々😅

先に取り回した整備士たむちゃんから
「ちゃぼさんには起こせないんじゃない?」
↑と言われたので、チャレンジさせてもらいましたよ。
(カメラマン:たむちゃん)

!!??:(;゙゚'ω゚'):
重さもだけど、、、話に聞いてた
スタンドの感触が初体験💦

角度というか、掛け心地というか
掛かり心地というか...
違いすぎて、動かそうとした瞬間にめっちゃ驚き。
(たぶん、顔は『(ŎдŎ;)⁉』←だったと思う)

どうにかこうにか、動かせそうだったけど
サイドスタンドが怖すぎて挫折。

じゃぁ! 跨って起こせばいいんじゃない?
↑と思い立ってチャレンジしてみたけど

ハンドルを切った瞬間の感触でギプアップでした。

慣れてないから、
ぐいっとスタンドが動くのが怖くて怖くて
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

語彙力消失でした💦

無理。これは無理。止めたい。
降りたい。コケるかもしれない!?
=助けてほしいです。て言いたかったけど

頭の中はあまりの衝撃に真っ白だったので
口から出た精一杯の言葉は
『もぅいい!!!』でした悲しい ←結構、必死です。

ちなみに、この(撮影ストップの)後
スタンドの感触が怖くて一人で降りれず、
たむちゃんに助けてもらいましたです。ハイ

でも。ハーレーさんにしか出せない雰囲気や
音と鼓動感は好きなので、
次にもしチャンスがあるとしたら
タンデムシート側を希望したいと思います。
(゚-゚*)(。。*)ウンウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA