R-ASAP!

趣味も仕事も全部バイク。|YSP福山スタッフ♀のブログ|

  1. TOP
  2. バイク[車体]
  3. ついに国内発売★TRACER900

ついに国内発売★TRACER900

名前も「MT-09トレーサー」から
「トレーサー(TRACER)900」に変わって
ついに国内でリリースです!

トレーサー900

EUで発表されて以来、発売時期と共に
一番気になってたのは『GT』グレードが
国内で発売されるか否か!?
↑でした😅

「日本ではスタンダードだけ」
ってことは無いよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー と
いろんな方とお話してました。ハイ

トレーサー900
▲GTも、ちゃんと国内発売です!

YAMAHA公式サイトには
パニア付GTの写真が多いですが...
パニアケース付属しません。

その他GTの専用装備はEUと同じ↓

1.フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンション
2.リモート操作可能なプリロード調整式リアショック
3.クイック・シフト・システム(QSS)
4.クルーズコントロールシステム
5.グリップウォーマーを標準装備
6.フルカラーTFTマルチファンクションディスプレイ

そして気になるお値段は、

TRACER900 GT ABS
1,198,800円(税別 1,110,000円)

TRACER900 ABS
1,112,400円(税別 1,030,000円)

その差 80,000円
これだけ装備が違って>>>8万円差🤩

『パニア付じゃない最低』と
がっかりされてる方もいらっしゃるかと思いますが...
オプション設定で(車体価格を抑えて)
選べるのはアリだと思うんですよ(^-^)

詳しい説明や写真は、
YAMAHA公式サイトへどうぞ☆

 

 

さらに、個人的に気になるシート高
’15~’17年モデルの845mmから

5mmUP850mm...最低

シートも新設計のようですが(トレーサー)
’18のMT-07の新シートみたいに
「足つき性を向上」とは、どこにも書いてないので
さらに厳しくなるわけですね😅

最近、脚力が衰え気味だから
頑張らんといけんね🤔...(←乗る気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA