R-ASAP!

趣味も仕事も全部バイク。|YSP福山スタッフ♀のブログ|

  1. TOP
  2. 足つき&小技
  3. 身長155cm♀足の届かないバイクに乗るコツ。④

身長155cm♀足の届かないバイクに乗るコツ。④

次はバイクの準備です。

えぇ。乗れるメドも立たないままに
愛車は店に届いていました@アタシ。

憧れのダーリンに跨るアタシを見た、
店のみんなはきっと・・・
『ヾ(・∀・;)オイオイ。それは無理だろう。』
↑と思ったに違いないですね☆

最初は整備士さんに車体を支えてもらわないと
自立すら出来なかったですし。

ま。乗るしかないのです。
スペシャルローンの契りを交わしましたから。
今もガンバッテお支払い中です。

だって、あのチャンスを諦めたら
アタシの一生に悔いが残っちゃう
(>_< )イヤッ( >_<)イヤッ

さてさて☆

初代愛車の時は、当時購入したバイク屋さんの
言われるままに何も考えず、、
足つきだけを最優先に

突き出し@目いっぱい
リアサス一番柔らかく仕様で乗ってました。

初めてのバイクだったので
『こんなもの』と思って乗ってましたが、、、
アタシのバイクに乗る友人たちから、
ことごとく不評だったのです。

それはもぅ、酷評でした。
(ノω・、) ウゥ・・・ アタシのダーリン

曲がりにくい。セルフステアが無い。
コーナーで寝ない。寝たら起きてこない。etc...

そこで、随分運転に慣れた頃に
ある程度ノーマル車高に戻してみました。

そして・・・
目からうろこ。 ドバーッ(┬┬_┬┬)

なんていう経験をしたので、
基本的に足回り(走行)に関係するところには
極力手を入れたくなかったのです。

足つき改善するためにはまず『アンコ抜き』!!
これは必須です☆
でも、ただ削ればいいというものではありません。

ちゃんと考えて、
一番足つきが良くなるように(b´∀`)ネッ!

シートのスポンジの下にあるベースと、
バイクのサイドカウル等の
足(内腿)にあたる部分のバランス。

この絶妙な抜き加減は、熟練の整備士さんや
シートの加工業者さんにお任せしましょう☆

ただただ・・・削ればいい!って勢いで削ると
逆に足つきが悪くなることもあります。

足つきが改善されないうえに、
お尻も痛くなります(T-T)

えぇ。初代ダーリンはなってました。。。ρ(-ω- ) イジイジ・・・
それでも大好きなんです@初めてのコですから。
いまでも大事に所有してます。ハイ

今回の憧れのバイク様は、
うちのお店の整備士さんに抜いてもらいました☆

大きいところはアタシも手伝わせてもらいましたよ♪

(片足しか着けないので)
右に左にシートの上を移動しますから
エッジ(角)を落として、
丸みを帯びたシートになりました。

車体の加工は以上です。それだけです。ゴメンナサイ。

他に、足つき改善する方法として
「リアサスのリンクの交換(スポーツバイクに多い)」
↑がありますね。

アタシは、過去の苦い経験があったので
頑なに拒否しましたが
決してダメなわけではありません。

走行性能は幾分変わるはずですが、
何より足つきを優先したい場合はとても有効な手段です。

ただ、ちゃんと
「メリット・デメリット」を理解して
納得して交換しましょうd(^-^)ネ!
て。アタシくらいかな?知らないままに乗ってたのって(;´▽`A``

だって。足つきが悪いからっていうだけで
バイクに乗ること自体が
楽しくなくなったら寂しいですもの。

でわでわ★ 次は・・・実践プチネタ
かなり邪道なアタシの小細工と、
(雑誌等でよく見かけますが)
小柄なライダーの小技のおさらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA